【失敗しない】大人向けドールハウスはこれ一択!

ミニチュアをちまちま集めはじめて2年経ち、ざっくり10万円以上を使ってきた。

今日は大人におすすめのドールハウスをご紹介したい。

結論から言うとシルバニアファミリーの「きいちご林のお家」という商品である。

安くて小さくて高品質で、ミニチュア家具を並べやすい形で、ぬい撮りやドールハウス撮影もしやすいという、大人にとって最強のお家だ。

安い・小さい・高品質

カーテンはDAISOのフリルテープをくっつけました

Amazonで約2,000円。

私の知っているドールハウスの中では最安値だ。

このお家にショコラウサギの赤ちゃんと、緑色のすべり台付きベッドもついてくる。

大人が両腕ですっぽり抱えこめるサイズ。

箱もノーマルな四角い形なので収納しやすい。

玄関前はなかなかに凝ったつくりをしている。

逆に内側は、

シンプル。

並べる家具によって雰囲気をがらっと変えられるのも魅力のひとつ。

このあとどうミニチュアを並べていくかはお財布と相談になると思うけれど、参考までに価格を挙げるとすれば+5,000円~10,000円くらいをかければ家具やお人形などをたんまり贅沢に揃えられる。

家具を並べやすい

リーメントの「SNOOPY COFFEE ROASTERY & CAFE」

小柄なお家ではあるけれどしっかり奥行きがあるので家具を並べやすい。

とくに私はリーメントという会社から発売されているミニチュア商品をよくBOX買い(全8種コンプリートできるやつ。価格は5,000円前後)するのだけど、それを並べて撮るのにちょうどいいサイズのお家である。

リーメントの「Snoopy’s VINTAGE WRITING ROOM」

撮影目的じゃなくぎちぎちに並べるのが好きな方は、ものにもよるけれど気に入ったリーメント商品のBOX買い+シルバニア家具をいくつか足せば完ぺきになる場合が多いかなぁと。

リーメント商品のレビュー記事も書いているのでよければ覗いていってもらえたら嬉しい。

リーメントの「Let’s go! Weekend Camp!」

きいちご林のお家は玄関まわりがとても凝っているのでお家の外側を飾ってあそんでも楽しい。

ぬい撮り・ドールハウス撮影に最適

THEドールハウスという感じのお部屋にしてみたり、

カジュアルなキッチンにしてみたり、

ちょっと都会っぽくしてみたり。

シルバニアファミリーのお家をいくつか撮ってきたけれど、この奥行きのある平屋がいちばん撮りやすい

そのままでも2階がないぶん明るく撮れるし、光をいじる時もやりやすい。

たとえば私は天井に発泡スチロールをのせて(屋根をつくることで現実世界の光バランスに寄せて)窓の外からデカいフラッシュを光らせているのだけど、奥行きがあるからこういう細工も効きやすいのだ。

奥行きがないといくらフタをしても側面から入ってくる光でぱあっと明るくなってしまいがち。

角度によって発泡スチロールが写りこみそうになったら好きなように持ち上げられるのも便利。

そんなわけで、ドールハウスに手を出してみたい大人にはこのきいちご林のお家がとてもオススメである。

購入した当時もレビュー記事を書いているのでよければ合わせてぜひ。

もっとメルヘンな雰囲気が好きな方へ

タイトルで一択とは言ったもののせっかくなのでもう一択。

リーメントの「マイメロディといちごのお部屋」

こういうメルヘンな雰囲気や、

リーメントの「PATISSERIE Petit gateau」

こういうエレガントな雰囲気がお好きな方もいるのではないだろうか。

そんな方には、シルバニアファミリーの「街のおしゃれなマイルーム」というお家がおすすめだ。

床面積が小さいのでミニチュア家具をたくさん並べることはできないけれど魅力的なお家である。くわしいレビュー記事を書いているので興味のある方はぜひ。

まとめ

リーメントの「魔女の住む家」

きいちご林のお家と、街のおしゃれなマイルーム。

どちらがお好みだっただろうか。

まずドールハウスというのはあんまり商品が充実していない。

玄関ドアがあって、屋根のデザインがあって、キットではなくて、そこそこ高品質で、そこそこお手頃なお値段で……となると、シルバニアファミリー以外の選択肢を私は知らない。

現在ドールハウスというのはその知名度に反して、よりどりみどりで選べるたぐいの商品ではないのだ。

そんな中、大人でも楽しみやすいお家が2つも存在するのはとても嬉しい話である。

みなさんもぜひ素敵なドールハウスライフを。