【予算3,000円】大人におすすめのシルバニアファミリー

2020年10月29日

「大人が自分のためにシルバニアを集めるなら」をテーマに勝手にお送りしていく記事第2弾。

今回の予算は3,000円。

前回の予算1,000円記事といちばん違うのは収納スペースだ。

今回は小さいながらもお家をオススメしたいので、スペースとしてはだいたい靴を入れる箱2つぶんくらい必要になる。なにとぞ。

前回に引き続き、赤ちゃんを愛でたいアナタ向け懐かしさをアゲインしたいアナタ向けに2通り考えてみた。

※値段はAmazonが安いのでAmazonのもの(税込)を載せています。

赤ちゃんを愛でたい

1.きいちご林のお家(型番ハ-50)

カーテンはDAISOのフリルテープを切って貼ってくっつけました

まずはこのお家。Amazonで2,000円くらい。

いまシルバニア唯一の1階建てである。

収納にやさしいのはもちろん、2階の床がないぶん光がよく入るので自然光でも明るくぬい撮りできる。

(この記事にのっている写真たちはほとんど人工光&編集なのだけど、光をいじるにもこのお家のシンプルな形が扱いやすくてべんり。)

そして、

ショコラウサギの赤ちゃんとすべり台付きベッドもいっしょに入っている。

赤ちゃんを愛でたい人には至れり尽くせり。

私はこのお家、シルバニアの赤ちゃんブームから生まれた大人向けハウスだと思っているので、大人のあなたにぜひ推したい。

2.赤ちゃんブランコセット(型番カ-208)

予算3,000円のうち、お家(&うさぎベイベーとベッド)に2,000円つかったので、のこり1,000円。

まず500円ぶんで推したいのが赤ちゃんブランコセット。

はい可愛い。

ひじょうに可愛い。

じっさいに揺らしてあそべるし、木を塗ったようなぽってりつや感が再現されていて質もいいなと思う。

しかもブランコの屋根ぶぶんは布を外せるので、100均の布などを切って貼ってハンドメイドも楽しめる仕様。

ぬい撮りにも便利なセットで、大きいブランコ・中くらいのアヒル・そして小物とバランスがいいから写真を撮るときに配置しやすい。

3.ベビーバスセット(型番カ-210)

そして残りの500円ぶんで推したい、入浴させたくなるベビーバスセット。

小さめのパーツがたくさん入っている。

弱点としては赤ちゃんのサイズに対してパジャマがありえないくらいキツいこと。

着替えをくりかえしたらすぐお人形が傷みそうなのだけど、それ以外のパーツたちはなかなか粒ぞろいだと思う。

パジャマも着せた姿はかわいいのだ。

可愛い。

パーツが多いぶん写真を撮るのも自由度がたかい。

赤ちゃん愛でたいのまとめ

ぜんぶ合わせるとこんな感じ。

やっぱりパーツはたくさんあったほうが楽しいので、ベビー家具のなかでもパーツ数多めのものをご紹介してみた。

これだけあればきいちご林のお家もそこそこ充実した感じになる。

計2,921円(2020年9月14日現在のAmazon。税込み。2,000円以上なので送料無料)

懐かしさをアゲインしたい

1.きいちご林のお家(型番ハ-50)

ショコラウサギの赤ちゃん&すべり台付きベッドも入ってる

赤ちゃんを愛でたい方にご紹介した「きいちご林のお家」。

子ども時代にシルバニアが好きだった心をアゲインしたいというあなたにもオススメ。

このお家を紹介するべきかどうか少し迷った。

まず1階建てなので、子ども時代にシルバニアに親しんだ人にはちょっと馴染みのないフォルムだと思う。

それにこのお家にプラスして家具をゲットするとなれば、予算的にほかのお人形はきびしくなる。

というわけでぐるぐる考えたけども、やっぱりお家はあった方がインテリアとしても見栄えがいいし、なんなら実用面で家具たちの収納スペースになるからゲットしておきたいよなぁ、と。

さて。

わりと文句っぽいテンションで勧めてしまったけれど「懐かしさ」と予算で迷ってしまうだけで、このお家自体はとてもクオリティの高い商品だ。

1階建てというフォルムはともかく、色合いやら雰囲気やらはTHEシルバニアで玄関の凝りようもすさまじい。写真映えもする。

そして2,000円という安さ。

これはもう、ほかのお人形をつぎの機会へと後回しにしてでも、このお家をオススメするしかない。

2.電話台セット(型番カ-501)

ここからは家具のご紹介。

電話台はAmazonにて300円ちょっとというお手頃価格だ。

なおかつ20年その姿を変えていないので、がっつりレトロな雰囲気を残している。

この写真は別セットに入っていた電話台を撮ったものなので、えんぴつの色などちょっと違うけれどだいたい同じ。

3.リビングソファー(型番カ-518)

リビングソファー。発売されたのは2006年だ。

90年代~00年代初期のソファにくらべると若干のチープさがめだつものの、それでもプラスチックではなく布製。

なおかつこの布は付け外しできるので、

簡単なハンドメイドで自分好みの色・素材に変えられる。

これまた私が持っているのは別セットに入っていたソファーなのだけど、ウサギのお父さんがセットになっているかいないかというだけでソファー自体はまったく同じもの。

ひと粒で何度もおいしいのでオススメ。

懐かしさアゲインのまとめ

ぜんぶ合わせるとこんな感じ。

あー……アゲイン……。

ただいま。

絵画や観葉植物などの脇役パーツたちは、とくにぬい撮りをするときに便利。

こういう「あってもなくてもいいけどあるとちょっと素敵なパーツ」たちで余ったスペースを埋めると自然に生活感が出る気がする。

おすすめです。

計2,924円(2020年9月14日現在のAmazon。税込み。2,000円以上なので送料無料)。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村