やきたてパン屋さん5「みにっコのかわいい焼き菓子」のレビュー。

全8種のうちはやくも半分を過ぎて5種目。

今回の商品パーツたち、焼き色が綺麗でとてもおいしそう。

入っていたもの

まずはセット内容を教えてくれる紙。

今回はころころした可愛い焼き菓子が5つ入っているらしい。

左側のオマケ的紙パーツは2度目の紙袋。

不器用にやさしい設計だ。

まったく同じ物が入っているとワクワク感は減ってしまうけど、たしかに同じデザインの袋が2つくらいあるとお店っぽいかもしれない。

シルバニアにも使いまわしやすそうな地味めなデザインが嬉しい。

商品棚+シールと、トング。

商品棚はメルヘンな色合いながら、木をペンキで塗ったような質感なのでプラスチックっぽいピカピカした反射は無い。これならシルバニアと混ぜて遊べそう。

ちょっと気になるのは、まるい棚板が微妙にナナメに傾いていること。これは個体差もあるかもしれない。

トングはフワフワと動かせる。

しかし少し前に開封したケーキ屋さんのスイーツトングを捩じ切った事件がまだ記憶に新しいのであまり動かさないようにしておく。

シールを貼るとこんな感じ。

シルバニアのベビー系家具に雰囲気が近い。可愛い。

ピンク色のトレイもある。

絵柄は紙袋に印刷されているものと同じ。

そういえば4種目に入っていたカッティングボードもこの絵柄だった。やきたてパン屋さんのキービジュアルなんだろうか。

そしてみにっコの焼き菓子たち。

みにっコというのは「すみっコぐらし」の脇役たちのことらしい。

私は劇場版すみっコぐらしを観ただけなので、見たことがあるような子もいれば全く見たことのない気がする子もいる。

みんな焼いてあるんだなと分かる絶妙に茶色がかった色合い。

おいしそう。

裏返してもおいしそう。

焼き色がきれいで、ひとつひとつ丁寧に作られている感じがする。

クオリティ高い。

ぜんぶ合わせるとこんな感じ。

これだけでもちょっとパン屋さんっぽい。

商品パーツはこれから増えていくので商品棚がいっぱいになるのが楽しみだ。

あそんでみた

シルバニアの赤ちゃんと合わせてみた。

サイズ的にも赤ちゃんにぴったりだし、雰囲気も合う。

焼き菓子たちのサイズ感もシルバニアのお皿にぴったり。

「やきたてパン屋さん」のパーツたちはサイズ的にシルバニアと合う物、合わない物の差が激しいけれど、合う物はジャストサイズなのが嬉しい。