なぜ、シルバニアファミリーはクリスマスプレゼントにおすすめなのか。

2020年8月25日

「クリスマスプレゼントは、安価で、なおかつ子どもが喜ぶものを選びたい」

「できれば飽きずに長い期間遊べるものがいいし、子どもの成長にいい影響を与えてくれるなら最高」

これが全サンタクロースの本音だろう。

悩めるサンタクロースの枕元に、シルバニアファミリーを置きたい。

私は今年の夏からシルバニアを集めている。半年くらい大人の目で見てきて、シルバニアはクリスマスプレゼントに最適だと思った。

その理由をこの記事でお話ししたいのだけれど、まずざっくりネタバレすると①とにかく安価で②驚くほどクオリティーが高いから。

さらに言うと、シルバニアデビューの子には「はじめてのシルバニアファミリー」一択だ。初心者向けにお家・人形・家具がセットになっているし、通常のラインナップよりさらにコスパがいい。

「はじめてのシルバニアファミリー」をもう持っている子におすすめのプレゼントは記事の最後に書いた。

最後まで読んでもらえれば、来年のクリスマスもより簡単にお得なものを選べると思う。

安い

「はじめてのシルバニアファミリー」のメーカー希望小売価格は3,600円+税。

Amazonだと2,500円前後で売っている。私が買ったときは2,483円だった。

買った当初から「安いな」とは思っていた。でもおもちゃ全般に詳しいわけじゃないから他と比べてどうなのかは分からない。

というわけで先日、銀座にある博品館トイパークへ行ってきた。

博品館トイパークは地下1階から地上4階までの超広いおもちゃ屋さんで、売られている商品はなんと約10万点。

ぬいぐるみ、動物・恐竜フィギュア、ジブリ、知育玩具、ミニカー、ラジコン、TVゲーム、ロボットトイ……。

びっくりした。想像以上におもちゃは高かった。

大きい箱は高い。有名作品とのコラボ商品も高い。

「はじめてのシルバニアファミリー」のサイズは大人が両手で抱えてぴったりおさまるくらい(30cm立方体より一回り小さい)なのだけど、そのくらいの大きさの箱だと、5,000円を下回るものはまず無かった。

7,000円でも厳しい。だいたいはそれ以上から1万円くらい。

もちろん比べたのはゲーム機などではなく、ボードゲームなどのアナログ玩具だ。

おもちゃの相場を考えると、2,500円で大きい箱をプレゼントできるという魅力はかなり強い。

クオリティーが高い

「安かろう悪かろう」ということわざがある。

安い物はクオリティーが低い。たしかに的を射ていると思うけど、シルバニアはそれには当てはまらない。安いのに良かろう、安物買いの銭浮きまくり。

Amazonのカスタマーレビューに分かりやすく表れている。

「はじめてのシルバニアファミリー」は評価が88個と大量についているのに、驚異の星4.5。

しかも「安いなりのクオリティーだから納得できた」というレビューはまぁ見当たらない。

それもそのはず。

シルバニアファミリーの歴史をさかのぼると、最初に発売されたのは1985年のことだ。生みの親はエポック社である。

当時の日本ではドールハウス自体、ぜんぜん人気が無かった。

が、シルバニアはあっという間に人気を集めた。あまりの人気に、他の会社も似たような商品をどんどん売りはじめる。

しかし約2年でブームは終わり、今度はつぎつぎと製造終了。

この波にのまれ、シルバニアも一時期は売上がガクンと落ちた。

それでも地道に回復していき、今ではすっかりロングセラー玩具だ。世界中で愛され続けているし、大人のコレクターもたくさんいる。

なぜシルバニアファミリーは生き残ったのか。

経営戦略もあったんだろう。でもいちばんの理由は、もう単純に、ただただシンプルにクオリティーが高いからだと私は思う。

すてきな広告がでっかく掲げられていても、1度買ってみて物がよくなかったら2度目は無い。

シルバニアは2度も3度も4度も買われているからロングセラー玩具なのだ。

その魅力は近寄って見るほどよく分かる。

たとえばお家「はじめてのシルバニアファミリー」の2階床パーツは、裏側に花模様のレリーフがある。

ふつうに遊んでいるときは1階の天井にあたる部分だから、覗き込みでもしないと見えない場所だ。こだわりを感じる。

ほかにも雨戸が開いたり、シンク下に配管が通っていたり、お皿の裏に高台があったり。

クオリティーが高いから、本物の家と同じように愛着を持てる。

さらに布ものを使った家具はハンドメイドしやすいように配慮されていて、百均の布でも古着でも模様替えできる。

だから次々買い足さなくても飽きずに長い期間遊べる。一人でも兄弟や友達といっしょでも、子どもだけじゃなく大人も楽しめる。

「安かろう悪かろう」とは真逆である。Amazonの星4.5はダテじゃない。

「はじめてのシルバニアファミリー」を持っている人へ

「まだ大きなお家は買うな」と伝えたい。

二度目以降のプレゼントだと、大きなお家が魅力的に見えると思う。

公式でも「はじめてのシルバニアファミリー」とのジョイント機能は派手にうたわれている。

私も実際に「赤い屋根の大きなお家」を持っている。ジョイントさせてみると全くムリヤリ感がなく、たしかに大豪邸になる。もちろん質もいい。

でも初めてジョイントさせたとき、できあがった大豪邸を前に気づいた。

スカスカだ、と。

思えば小学生のときも同じ間違いをした。サンタさんに頼んで大きなお家をもらってから、家具をあまり持っていないことに気づいたのだ。

家具を揃えたいとき特にコスパがいいのはセットものの家具だ。

いずれ大きなお家を買う予定なら、単品の家具よりも、がっつりスペースを埋めてくれるセットものが手っ取り早い。

セットものは箱も大きめだ。いくつかまとめて贈ればクリスマスプレゼントとしてボリュームも申し分ない。

もしどれか1つだけ選ぶなら、私は迷わず「はじめてのシルバニアファミリーおすすめ家具セット」をおすすめする。

これも名前のとおり初心者向けで、たくさん入っているのに安いのだ。私が買ったときはAmazonで2,047円だった。

いくつか選べるなら、ショコラウサギファミリーが1体ずつついてくる家具セット。

こっちは1セット1,000円前後だ。ショコラウサギの家族と家具を同時にゲットできるし、すべて集めても家具の種類がかぶらないからムダも出ない。

そして家具が10個くらい集まったら、その時こそ大きなお家の出番だ。ジョイント機能の本領発揮である。

それでは、楽しいシルバニアライフを。

関連記事

ブログ内のシルバニアファミリー関連記事はこちら