スヌーピーレザーアトリエ1「ご希望の仕様をヒアリング」のレビュー。

2020年9月10日

Amazonにて4,900円(税込、送料無料)でゲット

ネットを徘徊していると、シルバニアとリーメントを混ぜてあそんでいる人をよく見かける。

買うならぜったい全種コンプリートできるオトナ買いだよなぁと思いつつ5,000円はなぁ……と保留し続けていたのだが、ついに手を出してみた。

大正解だった。

あまりにも大正解すぎて詳しくレビューしたいので、1種ずつ8回にわけてレビューしていきます。

入っていたもの

床パーツ以外の写真にうつっている物たち。

ひとつひとつ見ていこう。

大きな箱に8箱入っている小箱のうち、いちばん手前のひとつを出してみた。

何が入っているか分からない仕様。

箱を開けてみると中にはこの紙と、ビニール袋(3スペースに区切られてパーツたちが入ってる)。

紙に「①ご希望の仕様をヒアリング」と書いてあるので、どうやら最初に手にとった箱は全8種のうち1種目のやつらしい。

なんとなくラッキー。

この紙は1枚を半分に折ったものなので、

開いてみた。

閉じてみた。

おお、靴のオーダーシートが。オマケ的な感じだろうか。

私は不器用なのでハサミを握ってはいけない人間なのだが、

意外とうまく切れた。やったぜ。

主役のパーツたちは大きいものから見ていこう。

まずイス。

手にした瞬間「ザラザラしてる」と思った。これは予想以上にクオリティが高い。

座面の布っぽい部分はちゃんと布らしさを感じるし、脚の木っぽい部分はちゃんと木らしさがある。

シルバニアファミリーの勉強机のイスと比べてみた。

座面の大きさと高さはずいぶん違うけれど、全体的なサイズ感はわりと近い。

これならシルバニアファミリーと混ぜて遊べそう。

カバン。

革の質感もステッチのこまかさも自然なムラのある色味も、クオリティが高すぎて受け入れられない。

特に衝撃的だったのは、まんなかのスヌーピーのプリント。

イスの座面にあったプリントもそうだけど、線の細い感じというか、画素数の多そうな感じというか、ここまで繊細にくっきりはっきりした感じって、このサイズで実現可能なんだなと。

びっくりした。

裏側まで造形がこまかい。

持ち手まで全部かたいのでシルバニアのお人形の手にかけることはできないけど、サイズ感はぴったり。

この写真を撮ったときは粘土鋲「ひっつき虫」をカバンの裏側にくっつけた。

そして小物たち。

万年筆と、ペン立てと、革の色見本(かな?)と、長さ測るやつ。調べたらノギスという名前らしい。

個人的に驚いたものをアップで見てほしい。

万年筆。この小ささでペン先には裏と表がある。

ノギスは、

こうなる。スッとはめるだけなので実際に動かして遊べる。

まさかこの小ささでギミック付きのパーツがあるとは思わなかった。

シルバニアファミリーと合わせてみた

シルバニアファミリーと合わせてみた。とてもよくなじむ。

ひとつひとつのパーツにスヌーピーがあしらわれておりよく見ると超スヌーピー。かわいい。

でも固定のロゴが印刷されているとかではないので、思ったより主張は強くない。

ちょうどいい感じだ。

サイズ感が予想以上にぴったりだしクオリティも予想をはるかに上回る高さだし、おどろきが止まらない。

4,900円で8箱入りということは1箱あたり約613円。613円でこんなクオリティ高い物売っちゃっていいのか。

リーメントおそるべし。

あと7箱も楽しみだ。