ベビーカー(型番カ-206)レビュー。赤ちゃんがまるまる見えてカワイイ。

2020年8月25日

とにかく扱いやすい。そして赤ちゃんを座らせた時に全身まるまる見えてカワイイ。

Amazonにて314円でゲット。

セット内容

セット内容はベビーカーのみ。小物がひとつも入っていないセットは珍しい。

カラーリングはベビー家具でおなじみ白×水色だ。

なんだか骨密度が低そうなサラサラした手触りで高級感は無い。

とはいえ機能的には問題なく、わが家にいる赤ちゃんは全員座れた。フロントバーも肘かけも外れないのだけど、サイズが思ったよりもゆったりだった。

ベビーチェアーに座らせたときにキツキツだったコアラの赤ちゃん(大きい方)もちゃんと座れたので一安心だ。

日よけは後ろに倒しておくこともできる。

Amazonレビューには「日よけの屋根が赤ちゃんの頭に当たってしまう」と書きこんでいる人がたくさんいた。

たしかに赤ちゃんを座らせて日よけさせようとすると屋根が当たる。めちゃめちゃ当たる。

耳の長いウサギの赤ちゃんに限らずコアラの赤ちゃん(大きい方)でも頭に当たった。

小さい方のコアラの赤ちゃんは当たらなかったから、耳の短いふたごちゃんサイズの赤ちゃんなら可愛く日よけできるかも。

裏側から見るとこんな感じ。

シートは一枚つながりのクッションが、両端で縫いつけられている。

きっちり縫われているらしく、触っても外れてしまいそうな危うさは無い。シートはプラスチックよりも布のほうがぜったい可愛いうれしい。

もちろんタイヤもスムーズに回るからすいすい押せる。

公式カタログではうば車650円+税、ベビーカー450円+税

サイズは、うば車と比べるとベビーカーのほうが二回りくらい小さい。

うば車とベビーカーはどちらも同じく赤ちゃん輸送システムなのだけど、それぞれに魅力がある。

うば車は大きくて重くて、そのくせデザインはこまかくて高級感バツグンだし、タイヤの回転も視覚的にわかりやすく楽しめて、おまけにおもちゃまで付いてくる。

ベビーカーは小さくて軽くて、とにかくシンプルなつくりだから座っている赤ちゃんの全身がまるまる見えて、取外しパーツが一つもないぶん扱いやすい。

個人的にはうば車のほうが好み。

デザインも触った感じもTHEシルバニアでたまらない。

ただ実際にあそぶ機会が多くなるのは、もしかしたらベビーカーかもしれないなと思う。

とにかく扱いやすいのだ。

スペースいらずだし、赤ちゃんを座らせたときベビーカー自体は目立たずに赤ちゃんをかわいく撮れる。

脇役に徹してくれる家具というのは、写真を撮るときはとくに重宝してしまう。

あそんでみた

あそんでみたステージはきいちご林のお家。

赤ちゃんが映える。

うしろから見てもかわいい。

日よけは後ろに倒したままでも、デザイン的な物足りなさは感じなかった。

手洗いうがいするぞー。

フロントバーにおもちゃを置けた。

ツヤツヤのヒヨコ。

関連記事

ブログ内のシルバニアファミリー関連記事はこちら